はじめに
治療方法は1つだけではありません。
いろいろな治療方法があります。
患者さんがその治療法の違いを認識して、選択すべき時代にきていると思います。

保存的矯正治療を処置するにあたり、以下の事を念頭に治療にあたっています。

  1. 歯科治療の多くは、治療という名目で歯を傷つけています。
    傷つけられた歯・抜かれた歯は、元には戻りません。
    そして、機能の低下が起こります。
    できるだけ歯を保存する姿勢が大切だと思います。
    これに基づいて治療しますので、非抜歯による治療を大前提としています。
  2. 床矯正の治療方針は、保存的矯正治療を基本としています。
    歯と顎の大きさがアンバランスで、未発育な顎を床矯正装置により適切に拡大し、
    歯を移動することによって解決します。


    しかし、歯がねじれていたり回転している場合、多数の歯をそれぞれの方向に
    三次元的に移動するケースの場合は、形状記憶合金のワイヤーで治療をおこないます。
    治療方法としては、それぞれの方法の利点、欠点があります。
    それぞれの治療法を融合して、患者さんの求める治療を決定したいと思います。
  3. 床矯正装置の可動条件、装着条件は、患者さんの生活環境、社会環境に合わせて設定します。
    装置のネジを可動しなかったり、決められた装着時間を守らないと
    いつまでたっても治療は終了しません。
  4. 矯正治療を必要とする患者さんは、顔を構成している上顎骨、下顎骨が未発育です。
    つまり、歯並びの問題は歯だけではなく、顔の萎縮に大きく関与しています。
    「良い歯並び」は「良い顔貌」につながる問題です。
    当院は、歯並びだけが良くなればいいとは考えていません。
    患者さんを「良い顔」に育成することが歯科医師の仕事と考えて治療にあたっています。
  5. 矯正治療は現在、保険治療の対象ではありません。
    今までの矯正治療の費用は一般的に高額です。
    金額によっては、治療の受けられる環境と治療したくてもできない環境があります。
    医療に携わるものとしてたいへん憂いを感じます。
    私どもの治療は、多くの患者さんの不正な咬み合わせを治すことですから、
    できるだけ金銭的負担を少なくしたいと考えています。

    通常の矯正治療は、口単位で治療費を設定しています。

    しかし、患者さんの一部にはここだけ治してほしいと来院する方もいます。
    患者さんの求める処置だけ治療するのがヨーロッパの考え方です。
    日本の多くの矯正専門医は、アメリカの考えを基本にしています。
    アメリカの治療法方は、すべての歯並びを教条的立場で治療します。
    その分だけ治療費は治療の難易度、期間に関わらず、ほぼ同じ金額になります。

    形態を重視する矯正の考えに対して、当院は形態だけでなく機能を重要視しています。
    早期の治療開始により、上顎だけ、あるいは下顎だけで終了するケースもあります。
    早期に来院して、装置1つで終了するケースもあります。
    治療が複雑になり、いくつかの装置が必要なケースもあります。
    早期の治療開始が大切です。

    当院は、1つの装置に対しての金額を設定しています。
    基本的には1装置は60,000円前後です。
    地域により治療費は異なります。
    (詳しくはこちら
    装置は、基本的に二次元的拡大として1つの方向にしか顎を拡げたり歯を移動することしかできません。
    三次元的に治療する形状記憶合金のワイヤーの治療を併用しますが、
    ワイヤーを使用するケースも1つの装置ですので、基本的にワイヤーも同一の治療費用です。