床矯正以外の装置

ワイヤーの矯正もするのですか?

治療の基本は、発育不全の顎を正しい大きさに拡大します。
顎を小さくした弱い咬む力を強くする訓練をし
「良い顔」にするための口の姿勢を保つことです。

ワイヤーによる、あくまで補助の治療として使用しますが、
床矯正の欠点は、顎・歯を一方向にしか移動できないことです。
形状記憶合金を利用したワイヤー矯正の利点は、
すべての歯を正しい位置に3次元的に移動できることです。

早期に治療を開始すれば、歯並びの乱れは少ないので、ワイヤーを使用する可能性は少なくなります。

顎の拡大とワイヤーを使用した症例

床装置で上顎を側方に拡大して、歯の入るスペースをつくりました。
形状記憶合金のワイヤーで、すべての歯を3次元的に移動します。
【正面の経過】
【上顎の経過】
拡大後、歯の軸が不揃いなのでワイヤーを使用しました。