生える位置の不正
一覧へ戻る

歯が正しい位置に生えていません。
おかしいと気がついた時に開始するべきです。

上・下の歯の咬み合わせがおかしいです。 変な所から歯が生えてきてます。

生える位置の不正について、症例を5つ紹介します。
どれも実際にあった症例です。歯を抜かずに完治しました。

  • 症例1
  • 症例2
  • 症例3
  • 症例4
  • 症例5
  • 永久歯の生えるスペースがなくなってしまった例

    乳歯の犬歯、臼歯を早期に無くなると、奥歯が前方に移動します。
    永久歯の生えるスペースがありません。
    様子を見ていれば、次に生える永久歯は生えるスペースがありません。
    歯を後方に移動して、スペースを作り、生えてきた歯を誘導します。

    早期に治療すれば、歯並びは簡単に治ります。
    放置すればするほど、治療は大変になります。

  • 奥歯が前の歯にロックされてしまった例

    奥歯が前の歯にロックしています。
    これだけの装置で歯は正しい位置に戻ります。

  • 奥歯が横を向いてしまった例

    奥歯が横を向いています。一生奥歯で咬めません。
    奥歯をワイヤーで押すだけの治療です。
    色々なことが起こります。
    神様のいたずらとしか思えません。
    大丈夫です。そのために歯科医師がいるのです。

  • とんでもないところから歯が生えてきてしまった例1

    とんでもないところから歯が生えてきました。
    ワイヤーで歯を正しい位置に戻せます。

    治療の成果です。
    正しい位置に戻りました。

  • とんでもないところから歯が生えてきてしまった例2

    この症例もとんでもないところから歯が生えてきました。

    床矯正で歯の生えるスペースをつくり、曲った歯の位置を修正します。

    あきらめてはいけません。一度抜いた歯は生えてきません。
    努力をすればむくわれます。簡単な方法を選んではいけません。