下顎の叢生
一覧へ戻る

顎は拡がらないと思っている患者さんがほとんどです。
顎が拡がれば歯は抜かずにすみます。

顎が小さくて歯が並びきれていません。

下顎の叢生について、症例を2つ紹介します。
どれも実際にあった症例です。歯を抜かずに完治しました。

  • 症例1
  • 症例2
  • 下の前歯が重なってしまった例

    下の前歯が重なっています。

    床を拡げて、下顎を拡大します。
    下顎の拡大後はワイヤーで歯をサンドイッチにして、歯の位置を修正します。
    非常に簡単に治ります。

  • 犬歯の入るスペースがない例

    治療の開始が遅れて犬歯が前に移動すると、
    奥歯を後方に移動して、犬歯を並べなくてはなりません。
    治療費と治療時間がかかります。
    早期の治療が望まれます。様子を見ていても悪くなるだけです。

    犬歯が飛び出しているので、下顎を側方に拡げただけでは
    上顎との咬みあわせが悪くなります。
    犬歯の入るスペースがありません。

    後方に移動して、犬歯の生えるスペースを確保します。
    形状記憶合金のワイヤーで歯の位置や歯の軸を修正します。

    治療のポイントは永久歯の犬歯が生えているか、
    犬歯の位置で治療方法が全く変わってしまいます。