ボトックスをやりすぎたり、打ちすぎるとどうなる?

ボトックス

ボトックスは安全性が確認された医療行為

ボトックスについて検索している画像

ボトックスとは、米国のアラガン社が製造し販売しているボツリヌストキシン製剤の商標登録名です。ボトックス治療という言葉をインターネットなどでよく見ますが、一般的な名称ではなく商標のこと。ただし、アラガン社のボツリヌストキシンは世界的なトップブランドでもありますし、取り扱っているクリニックもとても多いことから、治療法の代名詞のように使用されています。

ボトックスは、「ボツリヌストキシン」という成分が主成分です。ボツリヌス菌が産生する複合体毒素であるボツリヌス毒素という成分から抽出したタンパク質のことてす。毒という文字が入っているのでなんとなく怖い気がしてしまいまが、もちろん安全性が確認された医療行為として認められています。そして、菌がつくるものですが、当然、無害です。

ボツリヌストキシンの利用は、実は1980年代からスタートしており安全性はしっかりと確認されています。

ボトックス治療に対応しているクリニックはとても多く、美容クリニックの中でもかなり人気があり一般的な治療方法として定着しているといえるでしょう。

ボトックス治療やボツリヌストキシン注入は安全性が確認された医療行為で、エステなどでは施術でき必ずクリニックでの施術となります。

ボトックスには小顔効果などがあるがやりすぎはよくない

ボトックスと小顔について検索している画像

美容医療で利用されるボトックスですが、筋肉の動きを抑えることで表情ジワを軽減したり、小顔効果などがあります。注射をするだけでメスを使用せずに小顔治療やシワ改善ができるとあってとても人気があります。

また、ボトックスには筋肉を収縮を抑制する働きもあるためワキガや多汗症の治療にも用いられます。

様々な効果を得られる上に、安全性が確認されており、そして、注入は注射で良いのでメスを使用しないため身体へ負担も少ないというメリットがあります。美容医療に関心がある方であれば、ボトックス治療は定番中の定番というイメージもあるもしれません。

ボトックス治療シワ改善などのアンチエイジング
小顔ケア・エラの改善
タレ目形成
ワキガ・多汗症改善
ふくらはぎを細くする
太ももを細くする
二の腕を細くする
歯ぎしりや歯の食いしばりの改善
肩こり改善
肩に注入して首を長くする

このように様々な効果を生み出すボトックスですが、やりすぎは決して良くないとも言われています。

また、アラガン社以外のボツリヌストキシンを利用しているものもありますが、タンパク質を利用するという点や効果については同様とされています。

ボトックスをやりすぎるケース

ボトックスをやりすぎるケースを解説している画像

ボトックス治療は様々な効果があるため「だったらどんどんボトックス治療をすればいいよね」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、ボトックス治療をやりすぎてしまい嬉しくない効果が出てしまうこともあります。

注射の量が正しくない

量について調べている画像

ボトックス治療は注射で治療をしますが、量が多すぎると注入する部位によっては、無表情にみえたり、ひきつった印象になることがあります。

正しい量に関しては、医師とのカウンセリングで相談をしてどのくらいの量のボトックスを注入するのかをしっかりと話し合って決める様にしましょう。

頻度が多すぎる

頻度について調べている画像

ボトックス治療は、一生モノの効果を得るための治療ではありません。ですので、適切な頻度で繰り返しボトックス治療をする・・・という方法もあります。ですが、あまりにも短期間の間に何度も何度もボトックス治療を繰り返する身体が抗体を作ってしまい、ボトックス治療の効果を実感しずらくなることがあります。

私たちの身体は自然に免疫をつくるようにできています。つくられた免疫の効果でボトックス治療のタンパク質を異物つみなし排除してしまうのです。

ですので、ボトックス治療はやりすぎると効果を実感しにくくなってしまうのです。ですので、正しい頻度と使用量がポイントになります。

ボトックスをやりすぎると違和感などがある

違和感について検索している画像

ボトックス治療をやりすぎると顔などに違和感が現れることがあります。

顔の違和感が出る

顔の違和感が出る理由についての解説画像

おでこのに、ボトックスをした場合、大量に注射の量をしてしまうと、おでこの筋肉の動きが悪くなるため、まぶたを重いと感じたり、眉が下がってしまうというケースがあります。他にも、おでこだけでなく眉間などに同時に注射した場合は、ボトックスを入れていない部分だけいつもどおりに筋肉が動くため、顔に違和感を感じることもあります。たとえは眉間とおでこにボトックス注射をするとその部分の筋肉の動きは弱くなります。でも、目尻などにいつもどおりですから、目がつり上がった印象になってしまうこともあるのです。

そして、口周りのボトックスをやりすぎると、口元が閉まらない、口に含んだものが出てきてしまうこともあります。口周りのボトックス治療は複数の方法があるのですが、同時に施術をするとこうした違和感の原因になることもあります。口元のボトックスをやりすぎてストローが使いにくいといった現象が現れることもあります。

こうした顔に大量に注射したり、同時に複数の顔の部位に注射した場合のリスクについてはカウンセリングでしっかりと話し合いをする必要がありそうです。

表情が不自然になってしまう

不自然さについて検索している画像

ボトックスで作られるタンパク質には、筋肉の動きを鈍くするという作用があります。この作用を利用して美容効果をえているわけですが、一度に大量のボトックスを注射すると、筋肉の動きが鈍くなるために表情筋がうまく動かせなってしまいます。

表情筋はその名の通り、表情をつくるための筋肉のことです。この筋肉の動きが必要以上に鈍くなると、自然な表情をつくるのが難しくなってしまうのです。思いっきり笑顔を作りたいのにできない・・・といった現象が起こってしまうわけです。

しわを取りたい!エラをなんとかしたいと思いすぎてついついボトックス治療をやりすぎると表情が不自然になって写真撮るときに無表情になったり、人と会話をするときに「怖い印象」を与えてしまうかもしれません。もちろん正しい量と頻度を守っていれば表情が不自然になるほどの行きすぎた効果が出ることはありませんので、やりすぎはよくないというとになります。

頬がこけたりたるんだりする

頬がこけるか検索中の画像

エラの張りを軽減して小顔治療を利用されるエラボトックスですが、エラボトックスをやりすぎると「頬がこけて見える」ことがあります。小顔治療をしたいのであって、決して頬がこけて老け見えするという効果は嬉しいモノではないはずです。

メスを使わずに治療ができる小顔治療として知られているボトックスですが、正しい治療をしないと小顔効果どころか頬がこけて見えてしまうのです。そして、エラボトックスをやりすぎると咬筋が萎縮した分の皮膚がたるんてしまい口元にそのたるみがみられることもあります。

効果を実感しづらくなる

効果について調べている画像

ボトックス治療は、短期間の間に繰り返しやりすぎると身体の中に抗体がつくられてしまい、ボトックスでつくられるタンパク質を身体が異物として排除してしまうため、効果を実感しずらくなります。

ですので、ボトックス治療を受ける場合は正しい周期と量を守ることがとても重要です。

ボトックスをやりすぎないようにするための方法

クリニックのロゴの画像

ボトックス治療は様々な効果を期待できる安全性が確認された治療です。魅力がたくさんあるボトックス治療ではありますが、やりすぎは良くないということもご紹介してきました。

では、ボトックス治療をやりすぎないようにするための方法はあるのでしょうか。

クリニックをしっかり選んでカウンセリングをうける

クリニックのことを調べている画像

ボトックス治療は安全性が確認されていますが、やはりクリニックでのカウンセリングと正しい施術が重要です。クリニックが自分の意図をくんで治療してくれるかももちろん重要になってきます。

ボトックス治療はエステなどでは施術ができる必ず医師がいるクリニックでの施術となります。医療行為ではありますが、費用に関しては全額自己負担となり公的な保険、そして、民間の医療保険等も適応されません。

そして、クリニックごとに治療できる箇所と費用が異なります。

ですので、ボトックス治療のやりすぎや失敗を回避するためには「自分にあったクリニックを選んでカウンセリングを受けてから治療箇所や量などを話し合って施術する」ことがとても大切なことになります。

ボトックス治療をしている美容クリニックはとても多く、全国に展開しているクリニックから個人の美容クリニックまでたくさんあります。その一部を表でご紹介します。

品川スキンクリニック【ボツリヌス・トキシン注入(BMC会員価格)】
・目尻、目の下、額、眉間、アゴ、鼻根:2,760円
・鼻背:6,380円
・エラ:7,560円(初回:2,940円)
【アラガン社ボツリヌス注射(BMC会員価格)】
・目尻、目の下、額、眉間、アゴ、鼻根:7,270円
・鼻背:15,510円
・エラ:17,090円
東京美容外科シワ取り⇒初回6,300円~
エラボトックス⇒初回6,300円~
多汗症(ワキ・手足)⇒初回6,300円~
湘南美容クリニック【ボトックス(アラガン)】
・1部位:8,000円
・2部位:15,200円
・3部位:21,000円
・4部位以上:7,000円
・両側エラ全体:18,800円
TCB東京中央美容外科(対象個所:おでこ・眉間・目尻・目の下・鼻根・アゴ)
・1部位:8,000円
・2部位:15,200円
・3部位:21,000円
・4部位以上:追加1カ所につき7,000円
城本クリニックエラ⇒32,780円~
肩⇒32,780円~
ワキ⇒32,780円~
額⇒52,800円~
眉間⇒30,800円~
目尻⇒30,800円~
ルラ美容クリニックエラ⇒10,000円~
ボトックスリフト(フェイスラインorアゴ下or首)⇒15,000円~
両ワキ⇒15,000円~
両肩⇒15,000円~
ふくらはぎ(内側or外側)⇒15,000円
1部位(額・眉間・鼻根・鼻背・鼻翼・目尻・目の下・アゴ・口唇上・口角下・頬)⇒5,000円~
麻布ビューティクリニックボトックス(アラガン社製ビスタ)小顔(エラ)⇒66,000円
ボトックス(アラガン社製ビスタ)脇の汗じみ(両側)⇒77,000円
ボトックス(アラガン社製ビスタ)リフトアップ1セット(手のひら1枚分程度)⇒55,000円
ハナビューティークリニックボトックス⇒1単位500円+技術料15,000円
銀座よしえクリニック小顔・エラボトックス(両側)⇒63,000円
脇ボツリヌス(両脇)ヒュートックス⇒35,000円~
眉間・額・目尻のシワ取り1部位それぞれ⇒33,000円
テティス横濱美容皮膚科・額、眉間、目じり:各29,700円(初回:25,300円)
・口角、あご、B-line:各13,200円(初回:11,000円)
・エラ・小顔:41,800円(初回:38,500円)
・多汗症:44,000円(初回:38,500円)
新宿美容外科クリニック【ボトックス注射(アラガン)】
1箇所(額or眉間or目尻):39,600円(初回:19,800円)
ガーデンクリニック【ボトックス注入(Allergan)】
・額、眉間、目尻:44,000円(モニター価格:33,000円)
・目尻(両方)、咬筋:66,000円(モニター価格:44,000円)
・ワキ8cm×4cm:77,000円(モニター価格:66,000円)

上記のクリニック意外にもボトックス治療(ボツリヌストキシン注入)がてきるクリニックは全国にたくさんあります。

費用だけで比較してしまいがちですが、大切なことは費用だけでなく自分にあっているのか。そして、施術の頻度や注入量が正しいかです。ボトックス治療をやりすぎて失敗してしまったり、効果を実感しづらくなるといったことがないようにするためにも、信頼できるクリニックでカウンセリングを受けてから治療方針を決めると言ったことが大切になります。

ボトックスを続けるメリットもある

継続のメリットについて解説している画像

「ボトックス治療はやりすぎるとよくない」とご紹介してきましたが、これはあくまでも「度を過ぎたボトックス治療をした場合」のことです。

ボトックス治療の効果は一生のものではありません。ですので、正しい量と頻度を守って定期的にボトックスを続けることで得られるメリットもあります。

実は、ボトックス治療は正しい量を守り適切な頻度での治療を重ねれば持続期間が長くなる治療でもあります。

ボトックス治療をすると、シワを作る筋肉の動きが悪くなるためその部分の筋肉は萎縮していきます。筋肉が萎縮すればそれだけボトックス治療の持続効果が長くなっていくのです。ですので、施術をする箇所と自分の状況に合わせた正しい頻度で正しい量のボトックス治療をすれば、持続効果が長くなり、より効果を実感できるというメリットがあるのです。

ちなみに、ボトックス治療の2部位にもよりますが、効果を実感するまでは3日から2週間ほどで、持続時間は3ヶ月から半年といわれています。ですが、回数を正しく重ねることで場合によっては年近い持続効果を継続できる場合もあるのです。

ボトックス治療の頻度ですが、カウンセリングをして確認するのが一番確実ではありますが、半年に1回程度が目安とも言われています。

ボトックスやりすぎに関するよくある質問

ハテナマークがたくさんある画像
Q
ボトックスの後遺症は?
A

ボトックス治療の後遺症としては、腫れ・内出血・むくみ・アレルギー反応・嚙む力が弱まる。頭痛・表情が左右非対称になる・顔がこわばる・皮膚のたるみなどがあげられます。

また注射をしますので、注入時にはある程度の痛みがあります。ボトックス治療をすると注入した部位の筋肉の動きが弱くなるため、表情が不自然になるといった後遺症がでることもあります。これは注入する部位や頻度、注入する量を正しくコントロールすればある程度回避できるともいわれていますので、クリニックでカウンセリングをしっかりとして信頼できるクリニックで施術をしましょう。

Q
ボトックス途中で辞めるとどうなる?
A

ボトックス治療を途中でやめた場合、持続効果かを切れると元に戻ることになります。ボトックス治療で動きが悪くなっていた筋肉は少しずつ元の状態に戻って動くようになっていきます。決して、ボトックス治療する前よりもシワが多くなるとか、小顔ではなくなってしまうということはなくあくまでも元に戻るだけです。ですが、ボトックスをしてシワのない状態や小顔治療をした状態を見てしまっているため、元に戻ったときの状態をみて「悪化している」と感じてしまうことはあるかもしれません。ですが、これはあくまでも元に戻っただけです。ボトックス治療は正しい頻度で継続すると効果を引き継げる治療でもありますが、一度始めたらずっと続けないと悪化するというものではありません。


タイトルとURLをコピーしました